エビで鯛を釣る伊勢湾のタイ釣り|ウタセ真鯛

エビで鯛を釣る伊勢湾のタイ釣り|ウタセ真鯛

今回はことわざの通りにウタセエビで鯛を釣りあげる伊勢湾でよく行われている「ウタセ真鯛」をご紹介します。

 

タイ釣りとはいえブリやヒラマサなど思わぬ大物が釣れることもある迫力ある釣りです。

 

伊勢湾のタイ釣りの基本情報

 

釣れる季節:春から秋

 

釣れる場所:深さのある湾内(季節によっては100m以上の深さを狙うこともあります)

 

船の費用:乗合船の場合12,000円程度(ウタセエビ付)

 

準備するもの

 

竿

 

2.7m、30号〜50号の船竿。胴調子のものがいい。

 

ダイワの船Vが1万円程度から、シマノのホリデーフネ30-240が6,000円程度からです。ダイワかシマノでこれ以上の値段のものなら青物にも十分対応できるでしょう。

 

⇒ ダイワの船Vを見てみる

 

⇒ シマノのホリデーフネを見てみる

 

リール

 

カウンター付の両軸船リールか電動リール。

 

人気はシマノのフォースマスターです。深場を狙う際は電動リールがほしいところ。電動リールは別途バッテリーが必要になります。電動リール用バッテリーは5,000円程度〜になります。

 

⇒ シマノのフォースマスターを見てみる

 

手動リールはシマノのクイックファイヤー小舟、ダイワのイッツICVあたりが人気です。どちらも太陽電池搭載なので電池切れトラブルがないのがいいです。

 

⇒ シマノのクイックファイヤー小舟を見てみる

 

⇒ ダイワのイッツICVを見てみる

 

道糸

 

PEの2〜3号。

 

仕掛け

 

ウタセ真鯛用仕掛けを利用すると便利。2本針ですぐ使える仕掛けが1セット400円程度です。

 

おまつり、根がかりが多い釣りなのでたくさん用意してください。

 

2m〜3m間隔で1.5mのハリス、針が付いています。長いので仕掛けがらみに注意。

 

⇒ ウタセ真鯛の仕掛けはこちら

 

オモリ

 

30〜80号。乗合船の場合は船内で統一したオモリを使います。

 

一斉に糸を垂らすので、錘負荷が違うと潮の流れによって糸がバラバラに流れて他の釣り人とおまつりしてしまうからです。

 

必ず船長の指示するオモリを使ってください。

 

エサ

 

活きたウタセエビを使います。乗合船に乗る場合は船で用意してくれるのでそれを使います。

 

長靴

 

ウタセエビの水槽に活かしポンプで常に海水を取り込んでいるので船の上は常に水が流れています。滑りにくい靴底の長靴、できたら船用のデッキブーツを用意してください。

 

大型クーラー

 

今回狙う魚が大きいので、70cm程度の大型クーラーが必要になります。

 

▼ おすすめのクーラーボックス

 

 

まず1回やってみようという場合なら船宿で発泡スチロールの箱を売っているのでそちらを利用してもかまいません。

 

⇒ ウタセ真鯛の道具一覧

 

釣りをしてみよう

 

まずはエビを針に取り付けてみましょう。

 

エビの頭にあるミソの部分に針がかかるとエビがすぐ死んでしまうので、黒く見えているミソに針が当たらないように注意して、口から針を入れて頭から微かに針先が出るようにセットします。

 

エビの口は針先で探るとくぼみがあり抵抗が少ないところがあるのですぐわかります。針を刺してもエビが元気にはねていたらOK

 

この時エビを斜めにつけてしまうと水中でエビが回転し、魚の食いが悪くなってしまうので仕掛けに対してエビがまっすぐになるようにつけてください。

 

仕掛けを入れるときはまずオモリを水中に入れます。仕掛けをしっかり持って、オモリが沈んでピンと糸が張ったら順次針を落としていきます。

 

仕掛けが潮の流れでふけていき、十分潮になじんだら底付近までゆっくり落としましょう。

 

乗合船では船長からタナの指示があるので、そこに合わせて仕掛けを落としたら当たりを待ちます。

 

ウタセ真鯛の場合、当たりがあっても早合わせは厳禁。向こう合わせと呼びますが、魚の方で確実に針を飲み込んだり口に針がかかったりするまで待ってください。

 

竿先がグイグイ引き込まれたら合わせを入れて釣り上げるようにしましょう。

 

タイは釣っても食べても楽しいまさに魚の王様。ぜひ一度大物狙いに船に乗ってみてください。


スポンサードリンク

 

関連ページ

ジギング初心者のための簡単入門講座
ジギング初心者のために、最低限押さえておきたいポイントをご紹介します。
初心者入門講座!海上釣り堀で準備するもの・用意すべき道具
海上釣り堀に行ってみませんか?
タイラバ、タイカブラでタイを狙うために押さえておきたいポイント
タイラバ、タイカブラでタイを狙ってみませんか?

トップページ サイトマップ