タイラバ、タイカブラでタイを狙うために押さえておきたいポイント

タイラバ、タイカブラでタイを狙うために押さえておきたいポイント

独特の釣り方であるタイカブラ、タイラバ

 

もともとオモリにウタセエビなどを付けて漁をしていたカブラ漁の漁師さんが、エビの代わりにビニール片を付けてみたら驚くほどタイが釣れてきたところから始まったという伝統漁法の発展系ともいえるルアーフィッシングです。

 

⇒ エビで鯛を釣る伊勢湾のタイ釣り(ウタセ真鯛)についてはこちら

 

タイでなく、カサゴにホウボウとライトな竿と仕掛けで手軽に高級魚が狙える釣りとして近年人気のタイカブラ、別名タイラバについてお話します。

 

タイラバ、タイカブラの基本情報

 

釣れるシーズン:春と秋がメインのシーズン
釣れる場所:湾内のちょっと深い場所を船で狙う釣りになります

 

準備するもの

 

竿…タイラバ、またはライトジギング用のロッド。6〜6.5フィートのもの。各社から専用設計のものが出ています。ライトジギングロッドでもできますが、竿先がある程度柔らかいものが食い込みがいいです。

 

メジャークラフトのジャイアントキリング タイラバモデル(16,000円程度)、ダイワの紅牙(15,000円程度)が使いやすいと思います。

 

 

 

リール…海水対応の小型から中型のベイトリールでゆっくり巻けるギヤ比の低いもの。一定の速度で巻けてドラグ性能の良いものがおすすめ。何の釣りでもそうですが、リールはちょっと高いものを買っておいた方がよいです。

 

シマノのカルカッタコンクエスト100、同じくシマノの炎月BBが2万円程度で初心者でも扱いやすいと思います。

 

 

 

ライン…PE0.6〜1号、リーダーフロロカーボン2.5号〜3号を3m程度。

 

タイラバ、カブラ…カブラそのものよりネクタイの色と長さが重要になります。40〜75gのものと、替えネクタイを用意しましょう。

 

実績があるのはダイワ 紅牙ベイラバー フリー、ジャッカルのビンビン玉スライドなどです。タングステンと鉛の違いは比重ですが、最初はやすい鉛製のものでもいと思います。1個900円〜1,200円程度です。

 

重さは狙う水深に合わせます。30mまでの浅場なら40g程度、深場は75g程度でタングステンの比重が高く潮の流れの影響を受けにくいものを選ぶといいでしょう。

 

赤、金、緑の3色程度あればいいです。ネクタイは赤、青、金、緑、オレンジの5色はほしいところです。

 

釣りをしてみよう

 

釣りを始める前に必ずドラグの調整をしましょう。強く引っ張ってジッと糸が出る程度に調整してください。ドラグが緩すぎるとフッキングしにくく、逆に締めすぎると糸切れを起こしやすくなります。

 

今回はベイトリールを使うので今までのスピニングリールとはちょっと扱い方が変わります。

 

ラインがらみを防ぐため、糸を出すときには親指でスプールを軽く押さえて糸が出すぎないようにしてください。

 

また巻き上げるときにも同様に親指で負荷を調整しながら巻くことでバックラッシュ(スプール自体が空回りしてしまうトラブル)を防ぐことができます。

 

カブラをセットしたらまずは底まで落としてください。

 

そこからはひたすら一定の速度で巻き続けます。アクションは特に必要ありません。というかむしろいりません。

 

ネクタイがヒラヒラ揺れることが誘いになるので、不自然な動きはタイを警戒させてしまいます。

 

ゆっくり巻き上げ続け、水面近くまで来たらまた落とす。その繰り返しになります。船に魚探がついていれば魚のいるタナがわかるので、その周辺を重点的に狙うことになります。キモはひたすらゆっくり巻くこと。

 

リール1回転で「いーち、にーい」とゆっくり数える程度のスピードですが、その日によって釣れるスピードは変わるのである程度は調整してください。

 

当たりがあっても合わせはいれず、ひたすら巻き続けるのが肝心。あわてて合わせるとタイが逃げてしまいます。完全に食い込むまで我慢して待ちましょう。

 

竿先が完全に持って行かれる強い当たりがあったらやっとタイがかかったしるし。存分にバトルを楽しみつつ巻き上げてください。


スポンサードリンク

 

関連ページ

ジギング初心者のための簡単入門講座
ジギング初心者のために、最低限押さえておきたいポイントをご紹介します。
初心者入門講座!海上釣り堀で準備するもの・用意すべき道具
海上釣り堀に行ってみませんか?
エビで鯛を釣る伊勢湾のタイ釣り|ウタセ真鯛
エビで鯛を釣る伊勢湾のタイ釣り(ウタセ真鯛)についてご紹介します。

トップページ サイトマップ