初心者入門講座!海上釣り堀で準備するもの・用意すべき道具

初心者入門講座!海上釣り堀で準備するもの・用意すべき道具

三重県や和歌山県で盛んな海上釣り堀

 

海上にいけすを設置し、そこに放流したタイやハマチなどの大物を釣ることができる釣り場です。

 

釣れた魚はすべて持ち帰ることができます。

 

特に三重県南部には多くの海上釣り堀があり、連日多くの釣り人でにぎわっています。

 

船で沖に出るより手軽で安全。限られたスペースで放流された魚を釣るため初心者にも釣れやすく、女性や子供連れのファミリーにも人気です。

 

船で筏に渡るタイプとはしけで陸上から歩いて行けるタイプがあります。

 

陸続きのタイプは子供さんが飽きたり天候が変わったりしたときにすぐに釣りを辞めて帰れることもあって一層手軽。三重県だと正徳丸、マルヨが有名です。

 

誰でも手軽に大物が釣れる海上釣り堀。今回はそんな海上釣り堀の魅力をお伝えします。

 

準備するもの

 

竿

 

最初は3,000円程度の入門用の竿で問題ありません。胴が固いものを選びましょう。

 

竿先の柔らかいものの方が魚、特にタイが食い込みやすいのですが、穂先が折れるリスクがあります。

 

タイ用と青物用で2本買うのが望ましいのですが、まず1本というときは青物に合わせて固いものを買いましょう。

 

柔らかい竿に青物がかかると釣り上げるのに時間がかかり、周りの人に迷惑をかけてしまいます。長さは3mから3.5mが扱いやすいです。

 

⇒ 海上釣堀で使う竿の一覧はこちら

 

リール

 

4,000番から6,000番のスピニングリール。ダイワかシマノの5,000円程度以上のものを選べば間違いないでしょう。

 

仕掛け

 

最初は市販のものを買うのが手軽で便利。タイ用にハリス2.5号と3号、青物(ハマチなどの青魚)用に5号程度に針が結んであるものを各3個以上持ってください。

 

竿、リール、仕掛けは釣り堀でレンタルもしてくれます。

 

1,000円から1,500円程度ですので、1回だけやってみようという方や子供さんを急に連れて行くことになった時などはレンタルが便利です。

 

⇒ 海上釣堀の仕掛け一覧はこちら

 

ウキ

 

ウキと仕掛けがセットになったものも売られています。別に買う場合はタイ用1号〜2号、青物用5号〜10号でそれぞれ1,000円程度〜。

 

オモリ

 

タイ用には0.5〜1号、青物用には5号〜10号、ウキに合わせたオモリを用意します。

 

エサ

 

アオイソメなどの虫エサ、釣り堀用の団子エサ、魚やイカの切り身など、できるだけ色、形など多種類を用意します。

 

予算をあらかじめ決めておかないときりがないので、私は毎回団子2種類、虫エサ、切り身、黄色のササミと甘えびで2,500円分程度買っています。

 

団子は赤いものと黄色いものを買うといいでしょう。バラケ系の団子は食いがいいです。

 

ほかに青物用の活きアジも5匹程度買います。アジは釣り堀用の小さいサイズのものを選んでください。

 

季節によって、活きイワシや活きサバ、アユ、モロコなども使います。カンパチを狙う場合は金魚がよく当たります。

 

参考書籍

 

 

釣りを始めよう

 

スタート時間は釣り堀によって違いますが、朝一番は魚の食い気がたっていて一番釣れやすい時間。まずは団子エサでタイを狙ってお土産を確保しましょう。

 

オモリは小さめのものを使い、ウキがなじむギリギリか、いっそノーシンカーでエサを自然にヒラヒラ落下させるのが釣れるポイント。

 

エサが落ち切ってウキが落ち着いたら、時々上下や斜めに引いて誘いを入れてください。釣れやすいのは誘いを入れた後のフォールの時。

 

釣れなかったらエサをどんどん変えてあの手この手と試してみましょう。ウキが沈んだらすかさず竿を立てて合わせを入れてください。

 

釣り堀の魚は大物ばかりなので最初は引きの強さにびっくりするかもしれません。

 

竿をなるべく立てて、一定のテンションをかけて引いてください。テンションが緩むと魚の口から針が外れてしまいます。

 

魚が暴れて強く引くときはリールを巻かずに竿を動かしていなし、引きが弱くなったところで巻き上げます。

 

竿を立てた状態からリールを巻きつつ寝かしていき、また持ち上げて、というのを繰り返すポンプアクションが必須。ドラグは糸を軽く引っ張ってジジっと糸が出る程度にゆるめにしておきましょう。

 

日が高く昇ってくると青物の活性が上がりだします。

 

仕掛けを太いハリス、大きいウキに変えて活きアジを投入しましょう。ウキに合わせて5号以上のオモリを付けてアジがほかの人の仕掛けに絡まないよう注意してください。

 

海上釣堀のルール

 

アジが青物に追われるとウキがピクピク踊りだします。魚が食いつくとぐいーっとウキが沈むので、大きな声で「青です!」と叫んで周りの人に合図してください。

 

釣り堀ではおまつり(仕掛けがらみ)を防ぐために誰かが青物をかけたらかの人は仕掛けを巻きあげて待つのがルール。

 

ほかの人が青コールをしたらあなたも仕掛けを急いで引き上げて釣りあがるのを待ってください。

 

青物の引きはタイとは比べ物にならないほど強烈。いけすの中いっぱいに暴れまわるので落ち着いてなるべく手早く巻き上げましょう。

 

この時間はほかの人に待っていてもらうので、釣れやすいからと細いハリスは使わず、ゴツい仕掛けでゴリゴリ巻いて素早く釣りあげられるようにしておくのがマナーです。

 

うまい人なら一日で10匹以上釣り上げる「ツ抜け」もザラ。(ツ抜けとは、ひとつ、ふたつと数えてツが付かない数字になること、10匹以上の釣果を言います)

 

初心者でもおいしいお魚を何匹か持って帰れるはずです。

 

一方で確実にいるはずの魚がなかなか釣れないというゲーム性の高さ、あれこれ知恵を絞る魚との知恵比べも楽しみの一つ。あなたも海上釣り堀に一度出かけてみてください。

 

⇒ 海上釣堀で釣果を上げる方法はこちら


スポンサードリンク

 

関連ページ

ジギング初心者のための簡単入門講座
ジギング初心者のために、最低限押さえておきたいポイントをご紹介します。
タイラバ、タイカブラでタイを狙うために押さえておきたいポイント
タイラバ、タイカブラでタイを狙ってみませんか?
エビで鯛を釣る伊勢湾のタイ釣り|ウタセ真鯛
エビで鯛を釣る伊勢湾のタイ釣り(ウタセ真鯛)についてご紹介します。

トップページ サイトマップ