ジギング初心者のための簡単入門講座

ジギング初心者のための簡単入門講座

ここまでは陸からの釣りをご紹介してきましたが、今回は船に乗ってのルアーフィッシング、近年大人気のジギングについてお話します。

 

魚の形を模した金属の重いルアー(メタルジグ、ジグ)で魚を釣るジギングはゲーム性も高く、またサワラ、サバ、ハマチ、タイとおいしい魚が、しかも大物が釣れるジギングは現在大ブーム中。

 

道具や釣り方はエサ釣りよりシンプル、なのに奥が深いとても楽しい釣りです。

 

ジギングの基本情報

 

釣れる季節:年中だが夏から秋が魚の活性が高く釣れやすい

 

釣れる場所:湾内、外洋

 

釣り船の費用:乗合いの場合一人1万円前後、貸し切りの仕立て船は6万円から10万円程度

 

ジギングで準備するもの

 

竿

 

ジギングロッド。使うジグの重さによって負荷に合わせた竿が必要です。

 

6フィートぐらいが扱いやすいです。お手頃なのはメジャークラフトのソルパラシリーズ。6,000円程度〜。

 

⇒ メジャークラフトのソルパラシリーズを見てみる

 

しかし負荷の高い、ラインずれのしやすい釣りなのでガイドのしっかりしたものを選びたいところです。

 

お値段は張りますがダイワのソルティガ(4万円台)、シマノのオシアジガーシリーズ(4万円台)などがすぐほしくなってくるかもしれません。

 

⇒ ダイワのソルティガを見てみる

 

⇒ シマノのオシアジガーシリーズを見てみる

 

リール

 

スピニングタイプの場合5,000〜8,000番程度。深場の大物を狙うため、ドラグがよく効き巻き上げ量の多いものを選びます。

 

オススメはシマノのバイオマスターSWの5000PG。2013年のモデルですが根強い人気を誇っています。

 

実売価格は22,000円程度です。深場をメインで狙うなら8,000番を選んでください。

 

 

メタルジグ

 

浅場を狙うなら30〜60g、深場の場合は120〜300g。伊勢湾だと150〜200gがメインになります。

 

お住まいの地域、出かける場所によって変わるので釣り船に予約するときに聞いてみてください。

 

カラーはブルーピンク、レッドヘッド、グリーンゴールド、シルバーの4色は押さえておきたいところ。

 

天候や海の状態で釣れるカラーが変わってくるのと、根がかりでロストすることも多いのでいくつか用意してください。

 

最近流行のスロージギング対応のヒラヒラ落ちるタイプのジグはかなり釣果が出やすいです。

 

人気過ぎて品薄なオーシャンフラッシュ、シマノのバタフライは実績がありオススメです。

 

⇒ 売れ筋のメタルジグを見てみる

 

安全のために帽子、サングラス、グローブも忘れず着用してください。ライフジャケットも必須です。

 

ジグ以外のタックル(竿とリールと糸)は釣り船で2,000円程度で貸し出してくれるところもあるので、まず一度やってみたいという人はレンタルタックルを利用してもいいかも。

 

ライン

 

PE3〜4号、リーダー50〜80ポンド。タイやタチウオなどを狙うときはPE1.5〜2号です。

 

お値段はピンキリですがあまり安いものは避けた方が無難です。根ずれに強いものを選びましょう。200〜300m巻いてください。

 

リールと一緒に買えば釣具屋で糸巻はしてくれます。

 

PEとリーダーを結ぶラインシステム(ラインをより合わせるように繋いで強度を増すシステム)、ノット(結び目)は初心者にはちょっと難しいです。

 

「FGノット」「ジギング ラインシステム」などで検索して動画を見て練習してください。

 

また、3,000円程度のノッター、ノットアシストというライン結びを補助してくれる道具が売られているのでご参考までに。

 

参考書籍

 

 

釣りをしよう

 

基本的にはひたすら投げてシャクる、落としてシャクるの繰り返しです。

 

素早く竿を持ち上げ、リールを1回巻き上げては落とすのを連続的に行うこの独特の誘い動作を「ジャーク」と言います。

 

1秒かけずにすばやくジャカジャカとシャクるショートピッチジャーク、ゆっくり大きくシャクるロングジャーク、しゃくらずひたすら巻くタダ巻き、これらを組み合わせたコンビネーションジャークなどいろいろなやり方があります。

 

シャクって落としている時に食わせるフォールも重要。単調に同じやり方を繰り返すのではなく、色々と試してその日の釣れるやり方を探してください。

 

一日シャクり続けると間違いなく翌日は筋肉痛になります。腕はパンパン、足腰はガタガタ。ジギング船が俗に奴隷船と呼ばれることもあるほどハードな釣りでもあります。

 

そしてかかってくる魚は大物ばかり。揺れる船の上でがっしり踏ん張ってファイトすればもう全身疲労物質が出まくりです。

 

そこまで大変な思いをしても、しばらくするとまたやりたくなる。ジギングは釣りの中でもトップクラスに中毒性の高い釣りなのです。

 

そこまで体力に自信がないよという人は、浅場でのライトジギング、タイカブラなどでのもう少しライトな釣りもあるので、自分に合う釣り方を探してみてください。


スポンサードリンク

 

関連ページ

初心者入門講座!海上釣り堀で準備するもの・用意すべき道具
海上釣り堀に行ってみませんか?
タイラバ、タイカブラでタイを狙うために押さえておきたいポイント
タイラバ、タイカブラでタイを狙ってみませんか?
エビで鯛を釣る伊勢湾のタイ釣り|ウタセ真鯛
エビで鯛を釣る伊勢湾のタイ釣り(ウタセ真鯛)についてご紹介します。

トップページ サイトマップ