防波堤でタコ釣りをするために押さえておきたいポイント

防波堤でタコ釣りをするために押さえておきたいポイント

タコというとタコツボ漁が有名ですが、身近な防波堤で簡単な仕掛けで釣ることもできます。

 

タコ釣り専門の仕掛け、竿も発売されていて近年ひそかなブームになっているタコ釣り。

 

今回はそんなタコ釣りについてお話します。

 

タコ釣りの基本情報

 

釣れる季節:夏から秋

 

釣れる場所:防波堤、護岸でタコが隠れる岩などがある起伏のあるところ。

 

タコ釣りで準備するもの

 

竿

 

非常強い力で抵抗するタコを釣るので、頑丈な100号前後の船竿か、専用竿を使います。3,000円程度で専用竿が売られているのでそちらが便利。

 

リール

 

大型スピニングリールか両軸リール。タコ専用のものは3,000円程度です。

 

 

ナイロン10号以上。タコ糸でも可。

 

竿とリールと糸がセットになった「タコガンガンセット」という商品が6,000円前後で売られているのでそちらを選ぶのもいいでしょう。

 

タコテンヤ

 

エサを付けないタイプとエサを付けるタイプがあります。

 

手軽なのはヤマシタの「タコ好きやねん」などのエサを付けないルアータイプですが、釣果の点ではエサを付けるタイプに分がある気がします。

 

エサを付けるタイプだとヤマシタのカニ付タイプ、ハヤブサのタコのツボなどをよく見かけますが、釣具屋で数多く売られているお買い得品でも構いません。

 

エサ

 

小アジ、サバの切り身、エビ、ラッキョウなど

 

ラッキョウ?と思ったかもしれませんがタコ釣りには昔から用いられている餌です。

 

切り身餌ではサンマも匂いが強いのか食いがよいように思います。

 

⇒ タコ釣りの道具一覧はこちら

 

参考書籍

 

 

タコを釣ってみよう

 

ポイントはタコが潜んでいそうな防波堤の際や沈み石周りです。

 

ルアータイプのテンヤの場合は常に動かし続けてタコを誘う釣りになります。小刻みに上下させたり、持ち上げてフォールさせたりしてタコにアピールしてください。

 

エサ釣りの場合はテンヤにエサをワイヤーかタコ糸でしばりつけて固定し、ポイントに投入してあたりを待つことになります。

 

置き竿で待ってもいいのですが、タコは非常に力が強いのでちょっと目を離すと竿ごと海の中に持って行かれてしまいます。

 

置き竿をする場合は係留用のフックなどにしっかり竿を固定してください。

 

竿を使わずに、タコ糸やロープにテンヤを付けて防波堤の消波ブロックなどに固定して複数仕掛けを投入している釣り人もいます。

 

この場合などは定期的に仕掛けを持ち上げてタコがかかっていないかチェックしながら、自分はほかの釣りをしていてもかまいません。

 

サビキやチョイ投げの合間にタコを狙うのもアリですよ。

 

竿にぐっと重みが乗ってきたらタコがかかった合図です。岩陰に逃げ込まれないうちに一気に引き上げてください。

 

釣れたタコは逃げないようにビニール袋か網に入れてしっかり口を縛って保管してください。

 

タコを食べよう

 

タコが釣れたら食べる前に最初の下処理が必要です。

 

頭をひっくり返して内臓を取り去り、塩か米ぬかでよくこすってぬめりを取ってください。流水で洗うのとこするのとを2〜3回繰り返します。

 

ぬめりが取れたら沸騰したお湯で3分ゆでます。あとは好みの食べ方でどうぞ。

 

タコヤキ、タコのてんぷら、お刺身。釣りたてのタコは美味しいですよ。


スポンサードリンク

 

関連ページ

エギング初心者のための簡単入門講座
アオリイカ狙いのルアーフィッシングであるエギングをやってみませんか?
ブラックバスフィッシング初心者のための簡単入門講座
ブラックバスフィッシングをやってみよう。
シーバス初心者のための簡単入門講座
シーバスを釣ってみませんか?
ヘラブナ釣り初心者のための簡単入門講座
ヘラブナ釣りをしてみるのも楽しいですよ。
チヌの団子釣り(紀州釣り)初心者のための簡単入門講座
チヌの団子釣りをご紹介します。
電気ウキで夜釣りを楽しむために押さえておきたいポイント
電気ウキで夜釣りを楽しんでみてはいかがでしょうか?
メバリング・アジング初心者のための簡単入門講座
メバリング・アジングについて。
磯釣りを楽しむために押さえておきたいポイント
磯釣りをしてみませんか?
アユの友釣り初心者のための簡単入門講座
アユの友釣りをご紹介します。
初心者のためのエリアトラウト入門講座
エリアトラウトについてご紹介します。

トップページ サイトマップ