初心者のためのエリアトラウト入門講座

初心者のためのエリアトラウト入門講座

釣りというと夏のものというイメージがあるかもしれません。でも冬、寒くなると元気になるお魚もいるんです。それがトラウトたち。

 

トラウトはマスの事ですが、ニジマス、ブラウントラウトなどのほか、イワナやヤマメ、イトウなど自然の川ではめったに釣れない魚を放流して釣らせてくれる管理釣り場、またはエリア、ポンドなどと呼ばれる釣り場があります。ここでの釣りをエリアトラウトと呼びます。

 

今回は管理釣り場でのトラウトフィッシング入門についてお話します。

 

トラウトフィッシングの基本情報

 

シーズン:一年中だが冬が本番
釣れる場所:管理釣り場

 

準備するもの

 

竿…エリアトラウト専用ロッド。初心者のオススメはメジャークラフトのトラパラシリーズ。5,000円程度から。

 

⇒ メジャークラフトのトラパラシリーズを見てみる

 

また、シマノのトラウトワン エリアSP、ダイワ ファントムのシリーズも10,000円程度からとお手頃です。

 

⇒ シマノのトラウトワン「エリアSP」を見てみる

 

⇒ ダイワ ファントムシリーズを見てみる

 

6フィート程度の長さで、UL、XULなど非常に柔らかい竿です。スプーン(小さいへら状のルアー)など非常に軽いルアーメインで使う場合はXUL、ハードルアー用にはULがいいでしょう。

 

リール…1,000番程度の小型スピニングリール。3〜4ポンドの細い糸をゆっくり巻けるものとなります。低予算で狙うならシマノのエアノスシリーズですが、非常に細い糸を使う釣りなので、もう少し出してドラグ(リールから出る糸の引っ張り力の調節機能)性能の良いものを選ぶのがよいでしょう。

 

ドラグ性能の劣るリールだと糸が切れやすく扱いにくいです。シマノのバイオマスターシリーズならまず問題ありません。(15,000円程度)

 

⇒ エアノスシリーズ一覧はこちら

 

⇒ バイオマスターシリーズ一覧はこちら

 

ルアー…エリア専用のルアー、スプーンと呼ばれるもの、小型プラグを使用します。オススメはジャクソンのダートマジック。半透明でプラグともスプーンともつかない不思議な形状ですが、よく釣れます。1本900円程度です。何色か揃えましょう。

 

糸…PEまたはナイロン2〜4ポンド。小型の魚が多いエリアでは2ポンド。大物狙いなら4ポンド。1,000円程度です。

 

ランディングネット…タモです。魚を傷めないラバータイプのものがいいでしょう。値段はピンきりですが3,000円程度〜。

 

釣りをしてみよう

 

釣り方としてはひたすらルアーを投げて巻いてくるだけです。非常にシンプルな釣りなのです。

 

ただし、ルアーのセレクト、タナはどこを狙うか、底か、表層か、速く巻くかスローに巻くか、トゥイッチングやフォールの誘いの動作を入れるか、などひたすら考えつつ投げ続けるストイックで奥が深い釣りでもあります。

 

管理釣り場の池の中でも流れがあるところ、深くなっているところ、浅いところと狙う場所が違えばルアーの扱いも違ってきます。

 

また日光の当たり具合で明るいところに魚がいたり、暗いところに隠れていたり日によって違うので幅広い場所を攻め続けましょう。

 

管理釣り場なので魚は絶対いるはずなのになかなか釣れないという場合はルアーの色を思い切って変えて、明るい色にしたり夜光にしたり黒にしたりといろいろ試してください。

 

ラインにピピッと違和感を感じたらすかさず合わせを入れて、魚が針に乗ったら「フィッシュ!」と叫んでみてください。細い糸と柔らかい竿でのトラウトたちとのやり取りは大物釣りとはまた違うスリルのあるファイトになります。

 

一度このやり取りを体験したらエリアトラウトにのめりこむのも時間の問題かも。

 

興味のある方は「○○(地名) 管理釣り場」などで検索してお近くの施設を探して出かけてみてください。


スポンサードリンク

 

関連ページ

エギング初心者のための簡単入門講座
アオリイカ狙いのルアーフィッシングであるエギングをやってみませんか?
ブラックバスフィッシング初心者のための簡単入門講座
ブラックバスフィッシングをやってみよう。
シーバス初心者のための簡単入門講座
シーバスを釣ってみませんか?
ヘラブナ釣り初心者のための簡単入門講座
ヘラブナ釣りをしてみるのも楽しいですよ。
チヌの団子釣り(紀州釣り)初心者のための簡単入門講座
チヌの団子釣りをご紹介します。
電気ウキで夜釣りを楽しむために押さえておきたいポイント
電気ウキで夜釣りを楽しんでみてはいかがでしょうか?
メバリング・アジング初心者のための簡単入門講座
メバリング・アジングについて。
磯釣りを楽しむために押さえておきたいポイント
磯釣りをしてみませんか?
アユの友釣り初心者のための簡単入門講座
アユの友釣りをご紹介します。
防波堤でタコ釣りをするために押さえておきたいポイント
防波堤でタコ釣りをしてみましょう。

トップページ サイトマップ