アユの友釣り初心者のための簡単入門講座

アユの友釣り初心者のための簡単入門講座

夏の風物詩鮎、その優美な魚体、食べてもおいしい独特の風味ある白身の肉、一方で頭も体もフルに使うアユ釣りはまさに川釣りの最終到着点。

 

初心者がいきなり始めるのはちょっと難しい釣りなので、最初は経験者に連れて行ってもらうとよいでしょう。

 

今回はそんな釣りの王様ともいえるアユの友釣りについてお話します。

 

アユの友釣りの基本情報

 

釣れる季節:夏
釣れる場所:禁漁区を除く河川

 

アユの友釣りで準備するもの

 

鮎釣りの初期費用は総額で最低10万円程度となります。

 

狙う川によって仕掛けなどは変わってくるので最初は経験者や釣具店で聞いてください。

 

竿…8mから9mの鮎竿(5万程度〜)

 

長く軽いものほど高くなると思ってください。高いものは30万円以上します。

 

仕掛け…0.6号程度の空中糸、ナイロンの場合0.15〜0.3号、メタルラインは0.05〜0.125号の水中糸、おとりを付ける鼻カン、ハリス1.5号程度。針はイカリ針6号。

 

水中糸は細いため岩などに擦れて切れることがあります。ナイロンよりこすれに強いメタルラインがよいでしょう。0.05〜0.125号でも十分な強度が得られます。10mで3,000円程度です。

 

引き船…釣れた鮎を入れます。5,000円程度〜

 

おとり缶…おとりとなる鮎を入れます。5,000円程度〜

 

鮎タビ…水中に入る場合もあるので中が先割れでしっかり踏ん張れるものを選びます。5,000円程度〜

 

玉網…鮎をすくいます。3,000円程度〜

 

入漁料…1日券2,000円程度、年間券12,000円程度

 

おとり鮎…1匹500円程度。遊漁券を扱っている漁協や店で同時に扱っているケースが多いです。最初は2尾か3尾用意してください。慣れてきたら1尾でもいいです。

 

釣りをしよう

 

まずはポイントを見つけましょう

 

鮎が食べるのは水中のコケ類。そのため、コケの生える流れがやや緩い場所の岩の陰や、深場で底に医師が沈んでいるような場所になります。

 

鮎は縄張り意識が強いため、多い地点で直径3m程度、少ない地点で10m前後の間隔で点在しています。

 

最盛期は鮎より釣り人の方が多いなんて言う笑えない話もありますが、人が多いと鮎が警戒して釣れにくくなり、また長い竿を使うのでトラブルにもなりやすいもの。あまり人が密集しているところに無理に入っていかず、人が少ない場所を探しましょう。

 

どうしても人が多い場合でも竿2本分程度は間隔をあけて釣るようにしてください。

 

おとり鮎のセット

 

玉網におとり鮎をそっと入れます。鮎が弱らないよう水につかった状態で素早く鼻に鼻カンを通してください。手は冷やしておく、また日焼け止めクリームなどは使わない方がいいでしょう。

 

鼻カンの後は尾の少し手前の腹ビレのキワに逆さ針を付けます。仕掛けのイカリ針がおとりの尾から2.5cm〜3cm出るようにセットしてください。

 

狙ったポイントに仕掛けを入れる

 

ポイントそのものにズバリ投げ込むのではなく、少し上流から流れに乗せて流し込んでいくといいでしょう。

 

竿は寝かせて鮎が自然に泳ぐようにしてください。

 

鮎がかかったら取り込みは慎重に。流れに逆らわず、竿を立てつつ自然に川下に移動しながらだんだん浅瀬に寄せてきます。あまり移動しすぎるとほかの釣り人の迷惑になるので注意してください。

 

鮎を寄せたらそっと水中から持ち上げておとりと一緒に玉網ですくいます。

 

入口はちょっとハードルの高い鮎釣りですが、慣れてきて釣果が伸びてきたらその楽しさは最高級。釣れた鮎は自分で食べたり人にあげたりしてもいいし、料亭などで買い取ってくれるところもあるので看板やホームページなどをチェックしてみてください。

 

▼ アユ釣り名人、辻行雄の鮎釣り必釣法

 


スポンサードリンク

 

関連ページ

エギング初心者のための簡単入門講座
アオリイカ狙いのルアーフィッシングであるエギングをやってみませんか?
ブラックバスフィッシング初心者のための簡単入門講座
ブラックバスフィッシングをやってみよう。
シーバス初心者のための簡単入門講座
シーバスを釣ってみませんか?
ヘラブナ釣り初心者のための簡単入門講座
ヘラブナ釣りをしてみるのも楽しいですよ。
チヌの団子釣り(紀州釣り)初心者のための簡単入門講座
チヌの団子釣りをご紹介します。
電気ウキで夜釣りを楽しむために押さえておきたいポイント
電気ウキで夜釣りを楽しんでみてはいかがでしょうか?
メバリング・アジング初心者のための簡単入門講座
メバリング・アジングについて。
磯釣りを楽しむために押さえておきたいポイント
磯釣りをしてみませんか?
初心者のためのエリアトラウト入門講座
エリアトラウトについてご紹介します。
防波堤でタコ釣りをするために押さえておきたいポイント
防波堤でタコ釣りをしてみましょう。

トップページ サイトマップ