磯釣りを楽しむために押さえておきたいポイント

磯釣りを楽しむために押さえておきたいポイント

釣りというと荒磯で日の出に向かって長い釣竿を構える、そんなイメージを持つ人も多いのではないでしょうか。冬場の寒グレ、海のスーパースターイシダイ、身近に狙えるチヌと、上級者でもてごわい敵もますが、初心者でも大物が釣れる実は海釣り初心者でも楽しみやすい釣りでもあります。

 

今回は海釣りの代表的な釣り方でもある磯釣りについてお話します。

 

磯釣りの基本情報

 

釣れるシーズン:主に冬のグレ釣りが本番。
釣れる場所:船で渡る沖磯、歩いて渡れる地磯がある。潮通しのいい外洋に面した場所が最適。
釣れる時間:日の出とともに始めるのが一般的。

 

磯釣りで準備するもの

 

竿…磯竿。一般的なウキフカセ釣りの場合1号〜1.2号で5.3mのものが標準的。長いのでカーボンが素材の軽いものを選ぶ方がいいでしょう。

 

リール…2,500番から3,000番程度のスピニングリール。

 

糸…道糸は2号のナイロンを200m程度、ハリスはフロロカーボンの1.5号〜2号を3〜4m使用します。ハリスはブラウン系のものが魚に見切られにくく釣果がいいように思えます。私はジョイナーV2を使用しています。

 

あまり細い糸を使うと岩などで擦れて切れてしまいます。道糸もハリスも2号を基本にして何種類か用意するといいでしょう。

 

ウキ…中通しタイプの円錐ウキで0〜3Bぐらいのものを潮の流れ、風に合わせて使用します。

 

針…グレは口が小さいのでチヌ針などの大きい針だと乗りにくいです。グレ針5号〜7号をメインにしましょう。

 

ガン玉…小型のオモリです。ハリスに着けてエサの沈み方を調整します。Bから3Bぐらいまでを準備してください。数種類がセットになったタイプが便利。

 

ウキ止め…道糸に着けてウキのストッパーにします。糸タイプのものがガイドに引っかからず使いやすいです。

 

シモリ玉…ウキ止めでウキが止まるように、ウキ止めとウキの間に着けます。

 

エサ…撒き餌用のオキアミブロックと、刺し餌用のオキアミ

 

バッカン、ひしゃく…撒き餌を入れ、撒くのに使います。

 

釣りをしてみよう

 

沖磯の場合渡船屋さんに予約して釣り場まで送迎してもらうことになります。料金は5,000円前後が多いようです。一般的には日の出前に集合して出発しますが午後出発の半夜釣りもありますので時間厳守で出かけましょう。

 

磯は滑りやすいのでスパイクブーツをはき、必ずライフジャケットを着用してください。

 

釣り場についたら潮の流れを見てください。沖を流れる本流、沖に向かって潮が流れていく払い出し、磯にぶつかる当て潮などの流れを確認。

 

撒き餌を数カ所にばらまくと流れが確認できます。魚を寄せる効果もあるので釣り場について準備ができたらまず撒き餌をしてください。

 

本流と払い出しのぶつかるところ、水面と水中で流れが違う二枚潮など潮の流れが複雑な所もあります。

 

フカセ釣りの基本は撒き餌と刺し餌の沈み方を同調させることなので、潮の流れをよく読んでうまく利用するのが釣果を上げるポイントとなります。

 

狙いたいポイントに向かっていく流れに乗せるように仕掛けを投げます。直後に、刺し餌と同じタイミングで沈んでいくようにやや遠めに撒き餌を投げ入れます。針がついている分刺し餌の方が沈むスピードは速いので、それを計算して撒き餌を入れてください。

 

撒き餌のオキアミに寄せられた魚が、針の付いた刺し餌に食いつくように、刺し餌と撒き餌さの沈むタイミングを調整しましょう。

 

刺し餌と撒き餌が完全に同調したら確実に魚は食ってきます。

 

春から秋はシマアジにチヌなど、冬場は50cmを超えるようなグレが初心者でも釣り上げられるのですからたまりません。

 

釣れた魚は刺身にしても煮つけにしてもおいしいですよ。

 

▼ グレ釣り 山元八郎 驚異のグレ爆釣法

 


スポンサードリンク

 

関連ページ

エギング初心者のための簡単入門講座
アオリイカ狙いのルアーフィッシングであるエギングをやってみませんか?
ブラックバスフィッシング初心者のための簡単入門講座
ブラックバスフィッシングをやってみよう。
シーバス初心者のための簡単入門講座
シーバスを釣ってみませんか?
ヘラブナ釣り初心者のための簡単入門講座
ヘラブナ釣りをしてみるのも楽しいですよ。
チヌの団子釣り(紀州釣り)初心者のための簡単入門講座
チヌの団子釣りをご紹介します。
電気ウキで夜釣りを楽しむために押さえておきたいポイント
電気ウキで夜釣りを楽しんでみてはいかがでしょうか?
メバリング・アジング初心者のための簡単入門講座
メバリング・アジングについて。
アユの友釣り初心者のための簡単入門講座
アユの友釣りをご紹介します。
初心者のためのエリアトラウト入門講座
エリアトラウトについてご紹介します。
防波堤でタコ釣りをするために押さえておきたいポイント
防波堤でタコ釣りをしてみましょう。

トップページ サイトマップ