チヌの団子釣り(紀州釣り)初心者のための簡単入門講座

チヌの団子釣り(紀州釣り)初心者のための簡単入門講座

銀色に黒い縞模様が精悍な黒鯛。漁港で、磯で、人気の魚です。

 

釣って楽しく食べておいしい黒鯛、通称チヌをもっともメジャーな団子釣り(紀州釣り)で狙ってみましょう。

 

チヌの団子釣りの基本情報

 

釣れる季節:春の産卵期は乗っ込みと呼ばれて大物が浅いところに集まってきます。また秋は春に生まれた若い個体の数釣りが楽しめます。なので、基本的には春か秋がシーズンとなります。

 

釣れる場所:潮の動きの穏やかな漁港、堤防。釣り筏の団子釣りも盛んですが、今回は省略します。

 

釣れる時間:朝まずめ、夕まずめが基本。日の出頃と日の入り近くの時間です。最初は朝一番の魚の食い気が立っている時間帯から始めてください。

 

チヌの団子釣りで準備するもの

 

竿…1号〜1.5号の5.3m程度の磯竿。

 

リール…2,000番から3,000番のスピニングリール。シマノのバイオマスターがドラグ性能もよく使いやすいと思います。

 

針…チヌ針3号を基本に1〜5号まで。秋は1号から、春は3号が基本。

 

ウキ止め・・・サルカンなどでウキと仕掛けをセットします。団子を混ぜて入れておくバッカン、手が汚れるので手洗い用のバケツ、タオルも必須。

 

団子…紀州釣りの肝です。寄せ餌としての役割、刺し餌を狙うタナ(底)まで保護する役割があります。団子材(ぬか、砂)に配合エサ、粗挽きさなぎ粉、アミエビなどを混ぜて作ります。

 

材料をバッカンに入れて海水で混ぜますが、こねすぎると団子がうまく割れなくなるので、さくっと割るように混ぜるのがポイント。直径8cm〜10cmに握り、握った時に軽く押すと割れる程度の固さにしてください。

 

団子エサの配合は人によってこだわりがあり、語りだすときりがないのですが、私は米ぬか3kg、砂0.8kgにさなぎ粉一袋(500g)、アミエビブロック小を溶かしたものひとつで1回分(2〜3時間)を目安にしています。長時間釣る場合はぬか4、砂1の割合で追加してください。

 

最近は海水を入れて混ぜれば出来上がりという商品も市販されているので最初はそれから始めてもいいかも。マルキューの紀州マッハが有名です。

 

刺し餌…オキアミ、シラサエビ、カキ、ボケなど。エサ取りが多いときはさなぎやコーンが有効。
ウキ…棒ウキの3Bから5B。

 

道糸…黄色や蛍光色の視認性の良いもの。2号〜3号。

 

ハリス…フロロカーボン1号〜2号。針

 

釣ってみよう

 

紀州釣りはあまり潮の流れの速いところは適しません。流れが穏やかな湾奥の漁港や堤防が釣り場となります。またあまりにも深い場所は底がとりにくいので、砂浜が近くにあって深さは5mまでぐらいが釣りやすいポイントとなります。

 

釣り場についたら竿と仕掛けをセット。それからおもむろに団子を5個ほどオキアミをたっぷり入れて握り、狙うポイントに投げ入れてください。魚を寄せるのと潮の流れを見るためです。

 

それから底を取ることになります。針に団子を付けて投げ、仕掛けを底に着けてウキが立つ高さより1m程度長めに設定してください。底ぎりぎりだと団子がばらけた瞬間に刺し餌が浮き上がって底から離れてしまうので、少し長めにするといいでしょう。

 

団子の投げ方はアンダースローがおすすめ。力を入れて思いっきり投げると団子が割れてしまうので7分程度の力で投げるようにしてください。飛距離が出ない場合はひしゃくを使ってもいいでしょう。

 

針に刺し餌(最初はオキアミが定番)を付けて団子を握り、軽く手を洗ってから投げます。先に手を洗うことでリールや竿に団子の粉が付着したり中に入り込んだりするのを防ぎます。

 

団子を投げたら竿を軽くしゃくって糸がスムーズに出るようにしてください。

 

団子が底についてから団子が割れるまでの時間は握り方や潮の流れによって変わりますが、5〜10秒程度で割れるように握るのがいいでしょう。ここから大事なのは、リズムよく団子を投げ入れ続けることと刺し餌のローテーション。

 

ふぐなどのエサ取りばかりが釣れてくるようならさなぎやコーン、団子エサなどを使用します。エサ取りが出てきたということは本命のチヌもきっと近くまでやってきているはず。

 

特にボラが釣れて来たら高確率でチヌも近くまで寄ってきています。諦めずローテーションを続けましょう。ウキが水中に消し込んだら大きく竿を上げて合わせを入れましょう。

 

チヌのファイトは垂直に潜り込もうとする独特のもの。竿を立てていなしながらやり取りして、銀色の魚体が水面に現れた時の喜びはちょっとほかに比べるものがないぐらいです。

 

ここ10年ぐらいで国内各地でチヌの稚魚の放流が進んだので、意外と人家近くの漁港にも40cmを超えるような大物がいます。ぜひ一度紀州釣りを体験してみてください。

 

▼ チヌ釣り 山元八郎 チヌ爆釣バイブル

 


スポンサードリンク

 

関連ページ

エギング初心者のための簡単入門講座
アオリイカ狙いのルアーフィッシングであるエギングをやってみませんか?
ブラックバスフィッシング初心者のための簡単入門講座
ブラックバスフィッシングをやってみよう。
シーバス初心者のための簡単入門講座
シーバスを釣ってみませんか?
ヘラブナ釣り初心者のための簡単入門講座
ヘラブナ釣りをしてみるのも楽しいですよ。
電気ウキで夜釣りを楽しむために押さえておきたいポイント
電気ウキで夜釣りを楽しんでみてはいかがでしょうか?
メバリング・アジング初心者のための簡単入門講座
メバリング・アジングについて。
磯釣りを楽しむために押さえておきたいポイント
磯釣りをしてみませんか?
アユの友釣り初心者のための簡単入門講座
アユの友釣りをご紹介します。
初心者のためのエリアトラウト入門講座
エリアトラウトについてご紹介します。
防波堤でタコ釣りをするために押さえておきたいポイント
防波堤でタコ釣りをしてみましょう。

トップページ サイトマップ