電気ウキで夜釣りを楽しむために押さえておきたいポイント

電気ウキで夜釣りを楽しむために押さえておきたいポイント

 

チヌ、スズキ、メバル。昼間よりも夜に活発に動き出す魚も多いもの。

 

今回は電気ウキを使った夜釣りでこれらの魚を狙ってみましょう。

 

電気ウキでの夜釣りの基本情報

 

釣れる季節:夏から秋が本番

 

釣れる場所:堤防、漁港、河口

 

釣れる時間:夕方から明け方まで

 

準備するもの

 

竿

 

1.5号〜2号の磯竿。4.5m〜5.3mのものが汎用性が高く便利。

 

リール

 

2,000番から3,000番の中型スピニングリール

 

電気ウキ

 

1号程度のリチウムイオン電池式電気ウキ

 

⇒ 電気ウキの一覧はこちら

 

ライン

 

ナイロン2号〜3号の道糸、0.8号〜2号のハリス

 

 

丸セイゴ12号程度。小型の魚を狙う場合はハリスを1号、針をチヌ2号程度に落とす。

 

ウキ止め糸、シモリ、サルカンを使用して誘導型ウキ仕掛けにする。ケミホタル、夜光玉を竿やタモにセットして視認性を高める方がよい。

 

メゴチバサミ

 

夜釣りはゴンズイなど毒のある魚が釣れることも多いため、魚が釣れたらまずライトで照らして魚種を確認し、危険な魚、見たことのない魚は決して素手で触らずメゴチバサミで掴んで針を外す。

 

⇒ おすすめのメゴチバサミはこちら

 

ライト

 

足元を照らすヘッドライト、手元を照らすランタンがあるといい。

 

夜の釣りなので足元は滑りにくいフィッシングブーツを付け、ライフジャケットを着用して安全には十分に注意してください。

 

釣りをしてみよう

 

狙う獲物別の釣り方についてご紹介します。

 

スズキ狙いの場合

 

夜の間に小魚を求めて水面近くを回遊するスズキ。

 

ルアーで狙う場合もそうですが、スズキは夜の方が釣れる確率が高いです。スズキを狙う場合はアオイソメの房掛け(2〜3匹を、垂らしを長くして一緒に着ける)が一般的。

 

漁港の排水溝回り、潮通しのいい堤防の先端、小魚の集まる常夜灯回りなどが狙うポイントとなります。

 

タナは水面から1ヒロ(両手を延ばした長さ・1.6m程度)程度。遠投する場合はウキを2号以上のサーフライトタイプのものに変えてください。

 

仕掛けを投げ込んだらウキがなじむまで待ち、基本的には潮に乗せて糸を送り込みつつ当たりを待ちます。

 

コンコンと当たりが出てもすぐに合わせず、ウキが完全に消し込むまで待ってから合わせましょう。強い引きとガッツのあるファイトで楽しませてくれます。

 

メバルを狙う場合

 

メバルは堤防のすぐ際、岩礁帯に生息しているため、狙うポイントもなるべく起伏のある堤防の際に近い場所となります。

 

スズキと同じく常夜灯回りが一番の狙いどころ。潮の流れはあまりきつくない場所の方がいいようです。

 

夜の間メバルは水面近くに浮いてきて、体を縦にして上を見つめるような泳ぎ方でエサを探しています。

 

そのため、浅いタナでメバルの視界にエサを流してやるように仕掛けを投入するのがポイントになります。

 

ウキ下は50cmから1ヒロ程度。エサはアオイソメが一般的ですが、1匹をタラシ2cm程度にして小さくつけます。

 

口の大きいメバルはエサを一飲みにするので、針は大きめがいいでしょう。

 

セイゴ狙いのままの仕掛けでも構いませんが、メバルの方が目がいいのでハリスは0.8号程度に落とした方が釣れやすいです。

 

小物のメバルはエサを一気にひったくるのでウキが一気に沈みます。

 

大物のメバルの場合は先にもぞもぞっとエサを探ってから飲み込むことが多いので、小さな前当たりが出ることが多いです。

 

どちらもウキが完全に消し込んでから合わせます。夜釣りは昼に比べて釣果が出やすい釣りです。仕事の後に、休日の前の夜に、夕涼みがてら出かけてみてはいかがでしょう。



スポンサードリンク

 

関連ページ

エギング初心者のための簡単入門講座
アオリイカ狙いのルアーフィッシングであるエギングをやってみませんか?
ブラックバスフィッシング初心者のための簡単入門講座
ブラックバスフィッシングをやってみよう。
シーバス初心者のための簡単入門講座
シーバスを釣ってみませんか?
ヘラブナ釣り初心者のための簡単入門講座
ヘラブナ釣りをしてみるのも楽しいですよ。
チヌの団子釣り(紀州釣り)初心者のための簡単入門講座
チヌの団子釣りをご紹介します。
メバリング・アジング初心者のための簡単入門講座
メバリング・アジングについて。
磯釣りを楽しむために押さえておきたいポイント
磯釣りをしてみませんか?
アユの友釣り初心者のための簡単入門講座
アユの友釣りをご紹介します。
初心者のためのエリアトラウト入門講座
エリアトラウトについてご紹介します。
防波堤でタコ釣りをするために押さえておきたいポイント
防波堤でタコ釣りをしてみましょう。

トップページ サイトマップ