チョイ投げ初心者のための簡単入門講座

チョイ投げ初心者のための簡単入門講座

サビキ釣りと並んで手軽に始められるのがチョイ投げ釣り

 

本格的な投げ釣りと違い、コンパクトロッドやルアーロッドで近めの距離にチョイっと投げてキスやメゴチ、セイゴ、チンタ(チヌの子供)、チダイなどいろいろな魚種が釣れてくるのがこの釣りの楽しさです。

 

チョイ投げ釣りの基本情報

 

シーズン:春から秋

 

釣れる場所:堤防(船道など海の底が深くなっている場所が狙い目)、砂浜(かけあがり(傾斜)のあるところ、潮の色が変わっている潮目のあるところがオススメ)

 

釣れる時間:早朝がおすすめ

 

チョイ投げ釣りで準備するもの

 

竿…コンパクトロッドや堤防竿、ルアーロッドなどやや硬めの竿(1,500円程度〜)

 

リール…小型から中型のスピニングリール(3号の糸付で1,500円程度〜)

 

オモリ…5号〜12号程度のジェット天秤、またはキス天秤オモリ

 

仕掛け…キス仕掛け、セイゴ仕掛けなど。その時釣れるものをお店で聞いて選ぶといいでしょう。

 

エサ…イシゴカイ、アオイソメなどの虫エサ

 

※こちらも「チョイ投げセット」などの名前でお買い得なセット商品が売られています。

 

竿から仕掛けまでエサ以外すべてがセットになった3,000円程度のもの、竿は持っているよという人向けに仕掛けやオモリなどの小物類がセットになった数百円のものなどいろいろあるのでお店で聞いてみてください。

 

釣りを始める準備

 

道糸にオモリ、仕掛けの順で付ける

 

仕掛けをセットしたら針にエサを付けます。エサは針から2センチ程度で切ります。

 

大物を狙う場合は長いままつけてもいいのですが、あまり長いと魚がエサを口に入れてから針にかかるまでに違和感を感じて逃げてしまうのでたらし(針から出たエサ)はあまり長くない方がいいでしょう。

 

投げる

 

次に投げる動作ですが、こちらは慣れるまで少し練習が必要です。

 

1 .右利きの場合は右手でリールシートを覆うように竿を持ち、道糸を人差し指で抑えます。

 

2 .次にリールのベイル(糸を止めている金具)を上げて指を離したら糸がフリーで出ていくようにします。この段階で後ろや横に人がいないか、確実に確認してください。

 

3. 人がいなければリールが上に来るように肩のところで竿を構えます。もう一方の手は竿尻を持つようにします。

 

4. 右手のひじを支点にして、竿を斜め上(肩から40度程度)まで振り下ろし、同時に右手の指を外します。

 

まっすぐ仕掛けが前に飛んだでしょうか。最初のうちは思わぬ方向に仕掛けが飛んだり、またほとんど飛距離が出なかったりします。

 

周りの人に迷惑をかけないように、あまり混雑していない場所で釣りをするようにしてください。

 

投げ終わったら、仕掛けが底につくまで待ち、リールを少し巻いて糸をぴんと張ってください。

 

この段階で仕掛けがオモリに絡みついたりすると釣れなくなるので、着底と同時か少し早めにリールを巻いて仕掛けをまっすぐ張るようにしてみてください。

 

着底して糸を張ったら、当たりがないか少し待ちます。魚のいるポイントならこの時点で食いついてきます。

 

当たりがなかったら竿先を斜め上に持ち上げるようにして糸を引っ張り、竿を下げながらリールを巻いて、歩く速さ程度で仕掛けを引っ張ってくるように誘いを入れます。(ちなみにこの動作もサビくと言います。)

 

何度か繰り返しているうちにビビビッと竿先に当たりが来たら軽く合わせを入れてからリールを巻いて魚を釣り上げましょう。

 

一度釣れた場所は覚えておいて、次はその付近を狙って投げるのがポイントです。手軽に色々な魚が狙えるチョイ投げ釣り。近くの海で試してみませんか?


スポンサードリンク

 

関連ページ

ハゼ釣りを楽しむために押さえておきたいポイント
初めての場合はハゼ釣りをしてみましょう。
アジのサビキ釣りを楽しむために押さえておきたいポイント
アジのサビキ釣りも初心者の方におススメです。

トップページ サイトマップ