アジのサビキ釣りを楽しむために押さえておきたいポイント

アジのサビキ釣りを楽しむために押さえておきたいポイント

海釣りを始めようと思った時に始めやすいのはアジのサビキ釣りです。

 

アミエビをかごに入れて、海中でサビく(仕掛けを上下させる)ことでアミエビをばらまき、アジをおびき寄せます。

 

アジがハゲ皮と呼ばれるアミエビに似せた飾りがついた針に食いついたところを釣り上げるのがこのサビキ釣り。アジとの騙し合いです。

 

堤防から手軽にできること、おいしいアジやイワシ、サバなどが釣れること、魅力はいろいろですが、始めてみると意外に奥が深いものです。今回はそんなサビキ釣りについてお話します。

 

アジのサビキ釣りの基本情報

 

シーズン:夏から秋にかけて

 

釣れるポイント:堤防、釣りイカダなど

 

釣れる時間:夜釣りもあるが基本的には朝から夕方。

 

アジのサビキ釣りで準備するもの

 

1.竿…3.6〜4.5m程度の固めの竿。磯竿の場合は2号以上がおすすめ。サビキ用、堤防用などと書かれている入門用のものでも大丈夫です。(2,000円程度〜)

 

⇒ サビキ釣りの入門セットはこちら

 

2.リール…中型のスピニングリール(2号から3号の糸付で2,000円程度〜)

 

3.仕掛け…アジ用のサビキ仕掛けなどがお買い得品として3個セット200円程度から売られています。釣れやすさを追求したもう少し高い1個300円程度の商品もあります。

 

4.私のオススメはがまかつのサビキ革命のピンクスキンですが、人によって好みがいろいろあるようです。ハリスは0.8号から1号、針は5号から6号のものを選んでください。長さは初めのうちは短めのものが使いやすいでしょう。

 

⇒ サビキ革命のピンクスキン

 

また、サビキ釣りはアジが暴れたときに糸が絡んだりして仕掛けがダメになることが多いので、最初のうちは特に仕掛けを多めに用意しておく方が安心です。

 

できたら10個程度は買っておきたいところです。

 

5.アミカゴ・・・プラスチックのカゴにオモリが付いていて、エサになるアミエビを入れるものです。

 

仕掛けの一番下でオモリの役目も果たすのですが、小さいとアミエビがすぐなくなり、また大きすぎると竿に過負荷がかかって誘いの上下の動作がしにくくなったりします。

 

まずは8号を選ぶのが無難でしょう。2個で150円程度です。

 

6.吸い込みバケツ・・・海水とアミエビを入れて、アミカゴにエサをセットするのに使います。釣具屋さんで500円程度。普通のバケツでももちろん代用できます。

 

7.エサ…アミエビ(冷凍のブロック状のものが大きさによって200円から400円程度)こちらもエサ以外がセットになったお買い得な商品がありますのでお店で聞いてみてください。

 

アジのサビキ釣りをしてみよう

 

できたら朝早く、日が昇る頃に引き潮から満ち潮に変わったころに堤防に行ってみてください。シーズン最盛期には釣り人がたくさんいるのですぐに釣れるポイントが分かります。

 

場所を決めたら吸い込みバケツにアミエビを入れ、水汲みバケツで水を汲んでアミエビがひたひたになるぐらいに入れます。アミエビが凍っている時はナイフなどで削って水に溶かしてください。

 

その間に仕掛けをセットします。

 

竿のガイドに道糸を通したらサルカンを付けて仕掛けをセット。仕掛けには上下があり、パッケージに「こちらからセットしてください」と書かれているのでそれに従ってください。

 

仕掛けの一番下にアミカゴを付けます。

 

アミカゴを吸い込みバケツに入れて上下にゆするとアミエビがかごに入るので、いっぱいになったら準備OKです。

 

海に仕掛けを投入して、まずは底まで落とし、上下にサビきます。

 

釣れるタナ(深さ)は日によっても時間によっても違うので釣れるタナを見極めるまでいろいろな深さを試してください。

 

基本的にはアジは底に近い深いところ、イワシやサバはもう少し上の層にいます。

 

魚が釣れたらグングンっと竿先に当たりが出るのですぐわかります。

 

そのまましばらく待って追い食いを狙ってもいいですが、仕掛けが絡んでしまってせっかくの釣れる時間帯(時合)を逃してしまう可能性もあるので1匹で手早く上げるのも手です。

 

ただし、アジは口のところがとても弱いので勢い良く引きあげると口が切れて針が外れてしまいます。優しく、しかし手早くリールを巻いてください。

 

釣れたアジは氷水を張ったクーラーに入れて持って帰ります。南蛮漬けにしても塩焼きにしてもおいしいですよ。


スポンサードリンク

 

関連ページ

ハゼ釣りを楽しむために押さえておきたいポイント
初めての場合はハゼ釣りをしてみましょう。
チョイ投げ初心者のための簡単入門講座
チョイ投げをやってみてもいいと思います。

トップページ サイトマップ