釣り初心者のための入門講座

釣り初心者のための入門講座

 

季節もいいし、釣りでも始めてみようかな、と思い立ったあなた。まずはどのような釣りがあるのか勉強するところから始めましょう。

 

一口に釣りと言っても海、川、湖とさまざまな場所で季節を通じて多くの種類の釣りがあり、釣れる魚も必要な道具や知識も色々です。

 

そこで、ここでは初めて釣りを始める人でもどんな釣りがあってどんな物が必要なのか、また最初にかかる費用は?など釣りを始める際に知っておきたい知識をお伝えします。

 

まずは準備編です。

 

釣りを始める前に準備するもの

 

竿や仕掛けを買いに行くのは海、川、どこでどんな釣りをするのか大体の目星がついてから。

 

今回はどんな釣りをする場合でも事前に用意しておいた方がいいものをご紹介します。

 

1.ライフジャケット(2,000円程度〜)

 

海でも川でも、万が一の落水時に命を守るために、ライフジャケットは必ず着用しましょう。

 

ベスト型で全体にフロート剤が入っているタイプは2,000円程度からありますが、こちらはやや動きにくくなるのと夏暑いのが難点。

 

コンパクトなベルト型で腰や肩に着けて落水時に自動で膨らむタイプのものは1万円程度となっています。

 

2.クーラーボックス(2,500円程度〜)

 

釣った魚を持ち帰るための氷、そして魚、釣り場で飲む飲み物や釣り餌などを入れておくために必要です。

 

大物釣りをする場合は大型のものが必要ですが、そうでないなら20〜25リットル程度のものが便利です。

 

ホームセンターで2,500円程度で売られています。いずれ釣り具メーカーの高機能なものを買うとしても、このクラスのものも一つはあっていいと思います。

 

3.プライヤー、はさみ

 

仕掛けを作ったり糸がらみの際に糸を切るために、はさみは必要です。またプライヤーは魚から釣り針を外したり割ビシ(鉛の小型オモリ)をつける際など必要になるので用意しておきましょう。

 

ラインカッターやフック外し機能の付いた釣り専用のプライヤーは2,000円前後からありますが、普通のラジオペンチでも代用できます。

 

ただし、海で使う場合はさびやすいので鉄製ではなくステンレス製のものを選びましょう。

 

4.グローブ(200円程度〜)

 

釣りの際には、けが防止のためにグローブを着用する方がいいでしょう。

 

岩や貝殻で手を切る、糸を引っ張った際に糸がこすれて傷を負うといった小さなけがを予防できます。釣り専用のものでなくてもホームセンターで売っている作業用手袋で構いません。

 

エサや釣り針など小さなものを扱うので人差し指、中指、親指の三本がオープンになっているものが望ましいですが、自分でこの三本を切って使ってもかまいません。

 

投げ釣りで遠投する場合は専用のグローブの方が安心ですが、ここでは割愛します。

 

5.タオル、ウェットティッシュ

 

魚を掴む、根がかり(地面に張りが引っ掛かって取れなくなること)した際に糸を掴んで引っ張るなど、タオルは絶対必要です。2〜3枚は用意しておいた方がいいでしょう。

 

また、魚の匂いやぬめりが手についてしまった場合、エサなどで道具が汚れてしまった時に拭くため、ウェットティッシュもある方が便利。特にファミリーでの釣りでは大量に用意した方がいいですね。

 

魚の匂いを落とすオレンジなどの成分が入った専用のものが釣具屋で200円程度で売られていますが、100円均一のものでも構いません。

 

6.水汲みバケツ

 

ロープが付いていて、海や川から水をくみます。数百円です。

 

手を洗ったり魚を保存するのに使用したり何かと便利なのであるほうがいいでしょう。

 

7.サングラス

 

偏光レンズのサングラスは、日中、水の中を見るために、また釣り針で目を傷つけないためにあった方がいいアイテムです。数千円から数万円とピンキリですが、予算に合わせて選んでください。

 

ざっとあげましたが、どの釣りにも必要なものはこのぐらい。

 

あと持ち物より大事なのは釣り場を汚さない、ゴミは持ち帰る、ほかの人に迷惑をかけないというマナーです。みんなが気持ちよく釣りができるように気を付けましょう。

 

当サイトでは実際の釣りの方法について紹介していますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。



スポンサードリンク

 

トップページ サイトマップ